公認車検の為の構造変更の届出

私はランドクルーザーをノーマルで乗るのは嫌で嫌でしょうがなくて改造をしていました。

ランドクルーザー80が発売になったのが1月で買ったのが5月でした。

納車が10月でそれもキャンセルがあり回してくれたから10月の納車でしたが、当たり前の納車時期は12月でした。

納車になったらグリルガードとタイヤにホイール、籠に梯子と後ろのフックは整備工場に注文済みで、さっそく付けてもらいました。

この写真は’91年の写真でその後バンパーとオーバーフェンダーとタイヤなどを変えました。


このままだと違法なので届け出を出しました。

陸運支局に行ってそこの整備に関する課がありそこに行きました。

登録の仕方など解らないことは親切に教えてくれました。

まず構造変更の届を出すには「どうして改造が必要か?」て理由書が必要です。

その場で口頭で質問され担当者が理由書に記載されていました。

構造変更の届け出の理由

①なぜ屋根に籠が必要か?
重機を修理するのに足場代わりです。
②なぜハシゴが必要か?
籠に上る為
③なぜサーチライトが必要か?
重機を修理するのに時間がかかり暗くなる時もある
④なぜバンパーが必要か?
重機の仕事は山が多く林道を車で走る時もあるので木の枝でライトが割れないように
⑤なぜオーバーフェンダーが必要か?
重機の現場は泥が多くタイヤに小石が挟まり車に傷が付くのを防ぐ為
⑥なぜフックが必要か?
重機の部品で重たい物を引っ張る為

青色が陸運支局の質問で赤色が私の答えです。

という具合に構造変更の届けには理由が必要です。

それで陸運局がなっとくしてくれて初めて車検が通ります。

ちなみに手でも緩めれる蝶ねじの場合は違法では無いみたいです。

スキーキャリアなど・・・

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)