ドライブレコーダーの取り付けとピラーに配線かくしと固定

ついにルームミラー一体式ドライブレコーダーが壊れて、

新しいドライブレコーダーに交換した。

今回購入したドライブレコーダーは国産のKENWOODのKNA-DR350だ。

前のドライブレコーダーはステレオの配線と結んでいたのではずすのに大変だった。

今度は手間はかからずシュガーライターソケットから電源を供給した。

ドライブレコーダーの取り付けと配線

まず箱の中身を確認して全てそろっているか確認する。

使うものはビニールテープと結束バンドと配線止め

それではまずは配線からしていく

まずはピラーでもはずすか?

とても簡単!

まず黒いゴムを外す

引っ張れば接着されていないので簡単に外せる

ゴムを外したらピラーは上から外していく、

外れたら下に刺さりこんでいるので軽く引きぬくように外す

ピラーが外れたら少し放置してセンターコンソールに取り掛かる

助手席側のダッシュボードを外して線を助手席側から運転席側へセンターコンソールの裏を通す

これはシュガーライターソケットに刺して配線を張った所だ

助手席側からソケット部分を入れて運転席側に通してあげる

通したらピーンと張る

配線を助手席側の下からピラーを外した部分へ下から上へと通す

線が上まで出たら何処かに下に落ちないように固定しておく

いよいよドライブレコーダーを取り付ける

取り付ける場所が決まったらガラス面を綺麗にアルコールなどで拭く

この車はルームミラーからフロントガラスまで距離があったので取り付けはどこでもよかった

両面テープなのでがっちりと固定する

ドライブレコーダーに線をつないで配線していく

まず天井に隠していく

線は押し込めば簡単に天井に隠せる

そしてピラーまで到達したらピラーで結束バンドなどで固定する

薄いへらでも押し込めるが見えないところで何が起きているのか不安なので固定する

結束バンドと線を固定するクリップで完璧に固定する

これでドライブレコーダーからピラーまでは完璧に配線ができた

ピラーを取り付けて行くが下から入れて行く

そして軽くたたいて完成で黒いゴムを差し込んで終わり

あまった線を束ねて固定する

線のたるみが出るのであまった線を束ねる

ビニールテープで束ねた線をステイに結束バンドで固定する

後はダッシュボードを取り付けて完成だ。

車種によってはダッシュボードを外さなくてもセンターの裏を周せるタイプもあるかもしれない

様はただ線を見えないように隠しただけだ。

IMG_0027

これですっきり収まってくれた。

配線は完璧に出来た。

ピラーの外し方も簡単だしセンターコンソールの裏を通すのも簡単だ。

ケンウッド(KENWOOD) スタンダードドライブレコーダー KNA-DR350

新品価格
¥15,980から
(2016/3/22 16:39時点)

でも無理して壊さないように

ねじったら絶対ダメ

内装は壊れやすい

品揃え豊富!取付も安心!オートバックスのネット通販サイト

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

  1. ぼくぅ より:

    はじめまして、こんにちわ。
    ミニ盆栽の世界にコメント欄がありませんでしたので、こちらにコメントします!
    私も広瀬さんでミニ盆栽を購入し育てていまして、らんくるさんのブログに出会いました。まだまだ未熟なので参考にさせていただいてます。
    ブログはやっていないのですが、
    インスタとツイッターを使用してます。
    ツイッターアカウントは@bokuh_212です。
    これからも色々な記事を楽しみにしてます!

    • らんくる より:

      最近チェックしてなかったので返信遅くなりました。

      廣瀬清香園のサイトも私が作ってます。

      ミニ盆栽のページにもコメント欄ありますよ。

      廣瀬清香園で動画をとって載せています。

      廣瀬さんも私もツイッターはしてますがいじることができません。

      ミニ盆栽の方へコメントください。

      こちらこそよろしくお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)