オートマ(AT)車の運転はDでPではサイドブレーキを

1度オートマ車に乗るともうマニュアル車には乗れません。

技術的に乗れないわけではなくて、ただただ面倒です。

上り坂でも気を使いますし、何と言っても楽ちんです。

私が免許証取った時はオートマ車ってあまりなくて、ポつらポつらと出始めた頃です。

10年ぐらいマニュアル車に乗ってきましたが、1度AT車に乗るとやめられません。

仕事柄トラックにも乗ることがあったのでマニュアルしか無く、まっその時は別にAT車が恋しいって事はなくて普通にマニュアル車を乗ってましたが。

本題のAT車の話ですが、基本パーキング(P)かドライブ(D)です。

バックする時だけリターン(R)に入れますが、基本はドライブに入れたままです。

停車中もドライブ(D)に入れたままブレーキペダルを踏んでます。

1番使わないのがニュートラル(N)でその車に乗ってて1回使うかどうかです。

あとはローレンジ(L)~サード(3)普通は(2)までですが、長い下り坂の減速したい時以外は使いません。

あとチェンジレバーの横あたりにあるボタンはオーバードライブに入らないようにするボタンでマニュアルのトップもしくはオーバートップに入らないでより力のいる走りに向いてます。

AT車の基本はDとRとP

AT車の基本は運転手が搭乗しているときはPには入れないです。

よく信号待ちとかで止まるたびにPに入れてる人がいますが、ギアボックスが壊れる原因です。

車が動き出したらDしか使いません。

峠や長い下り坂などはLや2に入れますが基本はDのままです。

車から降りる前にバックすると思いますが、その時にRに入れるぐらいで後はずっとDのままです。

Dに入れたままペダル操作をします。

当然Dに入っていますからゆっくりと前進しますからブレーキに足を乗せて前進を阻止します。

止まるたびにレンジを動かしていませんか?

Pってブレーキが効いてると思ってませんか?

Pに入れたまま足を遊ばしてるとブレーキは聞いて無いので後ろから衝突されたり、急な下り坂では下がって行きますよ。

運転者がリラックスしたり車から離れるなどPだけにしていると動きます。

タイヤが回転しますから必ずパーキングブレーキをかけましょう。

AT車に何故パーキングブレーキが付いていると思いますか?

マニュアルの時は必ずパーキングブレーキを使ってましたがAT車では使ったことがないって方もいると思いますが間違いです。

停車する時は必ずパーキングブレーキを使わないとイケません。

Pはタイヤにブレーキがかかっていないでトランスミッションにロックがかかっているだけなので、普通に駐車する時は動かないだけで、強い力が働けばタイヤは回転します。

強い力でロックがかかっている訳ではないので急な下り坂などは車が動き出します。

AT車になぜサイドブレーキが付いているかを考えましょう。

AT車の走行中は常にD

走行中や信号待ちで止まっていてもレンジはドライブに(D)入れときます。

止まるたびにNにしたりPにしたりはダメなお手本です。

ミッションが壊れます。

峠など行ったときにD以下の2やオーバードライブボタンを使いますが、普段はDのままです。

それでアクセル、ブレーキペダルに常に足があります。

Dはローからオーバードライブまで自動で車が判断して操作してくれるモードですからDから替える必要はありません。

手が寂しく動かしたい人はマニュアルにした方が良いです。

何故オートマチックなのか考えてください。

あとレバーのボタンを押さなくてもNや2などに動きますが、危険なRやPには絶対に誤動作が出来ないようにレバーのボタンを押さないとレバーが動かないようになってます。

子供が誤って操作しても危険と判断された所には入らないようになっています。

ボタンを押しても速度が出ていればRやPに入ることはありません。

車って動きより止まることを考えて作られていますからブレーキパッドが少なくなって来たら「キー」って小さな音で金属音がします。

車の窓を開けて中央分離帯など音が反射する所に行ったら聞こえます。

ペダルの操作は右足だけ

左足はフットレストに置いて体にGがかかった時などに踏ん張るだけに使います。

左足が余ってるからってブレーキペダルを踏むのは絶対にやめてください。

免許証を発行している所に聞いても左足でブレーキペダルを踏んでください何て教える所ないです。

みんな勝手にやっているだけです。

シフトレバーをDにしてないから足の置き場を考えるのだと思いますが、常時Dにしていれば考えなくても止まっていればブレーキペダルだし走っていればアクセルペダルだし何も考えることはありません。走り出したらDから動かすものではありません。

オートマチックのギアにオイルが入っているの知ってますか?

頻繁にDだのPだの替えているとオイルが汚れ故障の原因です。

建設機械のショベルローダーでも走行用に右にもペダルが付いています。

作業は左のクラッチの切れるペダルで走行は普通のオートマで右にブレーキペダルが付いてます。

頻繁にギアを動かして、車を壊すような運転はしないようにしてください。

坂道発進

軽い上り坂で発進するとき車が自然に下がって少しもバックが出来ない時は左足でブレーキペダルを踏みながらアクセルを踏んで発進しますが、少しぐらい下がっても支障のない場合は左足は使いません。

ブレーキペダルを踏んでてすぐにアクセルペダルを踏めば問題ありません。

オートマチックの便利さを逆につかっている人が多すぎます。

前の車がブレーキランプを付けながら走っているので、たぶんブレーキペダルに左足を乗せたまま走っているのでしょう。

ブレーキパットが減るだけです。

車屋さんに聞いても修理に来てくれるだけなのでダメとは言わないかもしれません。

お客さんを減らすことになりますから。

峠を走らない限りAT車は常にDです。

どこかに駐車する時だけPになります。

バックはRで前進はDだけです。

常にDに入れっぱなしです。

安全な運転をしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)