ドライブレコーダーの配線をピラーなどに隠した

今回車を入れ替える時に前からあるドライブレコーダーの配線が見えて汚いしカッコ悪いのでフロントガラス周りに隠してもらった。

最初に買ったドライブレコーダーは4:3の小さいモニターでフロントガラスにくっつけるタイプで夏場の暑い時ははがれてぶら下がっていた。

画像が悪いのでHDで探していたらルームミラータイプでパノラマのがあったので早速買ってみましたが確かにHDで綺麗でパノラマ映像ですが距離感がもう少しアップだったらなお良いって感じでどこかで妥協しないとお金かかってどうしようもないぞ~

確かにミラー型はモニターが悪いが録画されているの確認したら後は良いってことでモニターを付けたりとお金のかかることはしませんでした。

配線隠しも車の値段が決まってからなのでお金は取られませんでした。

ルームミラー型ドライブレコーダー

後ろは見えるし良いでしょう。私はあまりルームミラーを見ないのでちょうど良いです。

配線もすっきりして電源もステレオなどと一緒に中の配線から取ってあります。

アマゾンのドライブレコーダー

楽天市場のドライブレコーダー

ピラーに配線を隠す

ピラーとは下の写真の用にフロントガラスとサイドガラスの間の柱見たいなもので、車の天井とボディとをつないでる柱で、この車は2本ピラーがあることになります。

今は昔の車と違ってねじを使っていないで全てはめ込み式なので簡単にはずれない場合がありますがピラーはドアを開けて縁に付いている黒いゴムを外したら後はゆすりながらピラーを外しますがプラスチック製のボッチで止まっているのでくれぐれも折らないで慎重にゆっくりと外してください。

ドライブレコーダーの上部分の配線もガラス周りに隠れています。

ちょうど接続部分からしか配線が出ていません。

これでとてもすっきりしました。

ピラーも最近の車は硬いので何かレバー見たいのであおると曲がりますし無理すると割れたりと破損の恐れがありますので自分で行う時は時間がたっぷりあってそれなりの設備の整った所でするようにした方が良いです。

愛車にアクセサリーを

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)