交差点で右折左折は取り締まりに気を付けよう

取り締まりに気を付けるのは普段からも当たり前ですが、右折や左折の時に特に気をつけるのは歩行者や自転車などですが、横断歩道をどこまできたら止まって待っているのかわかりますか?

これが私達運転者と警察との考え方の違いです。

私達はそれなりの距離があれば後ろに車が並んでいれば余計に行ってしまいます。

歩行者まで距離があれば歩行者を待ってないで行ってしまいます。

所が警察の意見は違います。

私は取り締まれました。

img_0111

道路交通法違反

道路の広さに関係なく歩行者が1歩でも横断歩道に踏み入れたら止まって待ってなきゃいけないんですよ。

片側3車線とか4車線おまけに中央分離帯があっても1歩でも足を踏み入れたら取り締まりの対象だそうですが、そのようなことが実際にあるのでしょうか。

私も交差点で歩行者妨害で捕まったことがありましたが、捕まった時に「どうしたら貴方警察に捕まらないんですか?」って聞きました。

すると「交差点に1歩でも足を踏み入れたら止まって待ってないとダメです」だって

私の後ろに車が並んでいたから私は進行しましたが、後ろに車が並んでいようが関係ないようです。

車が渋滞するより歩行者の方が大事だからってそれはあたりまえだな~

私の知り合いで左折しようと思ったら横断歩道を人が横断して来たので止まって待っていたら、途中で転んだらしいのですが、知り合いは転んだけなら進行するかって走りだしたら警察に捕まり、転んだけだからって進行したのが悪いって言われたそうです。

そして道路交通法は運転免許更新の時にもらう本に載っているそうです。

警察の言う通り片側3車線のあるような道路で1歩でも足を踏み入れたら止まって待ってるなんてことしたら世の中渋滞だらけになります。

だけど捕まらないようにするには自分の安全基準ではなく警察の安全基準なのです。

あと標識を見ないで右折禁止のところを右折して捕まっている人いっぱい見てます。

警察に捕まらない為には

車が右折左折をする時に横断歩道を1歩でも足を踏み入れたら止まって待ってないといけない。

それは道路の幅に関係ない。

渋滞してもしょうがない。

道路交通法は運転免許証書き換えの時に渡される本に書いてあるそうです。

今は自転車も乗ったまま横断歩道を走っても良いそうです。

私が知っている道路交通法は横断歩道を渡る時は自転車から降りて押して渡りましょう。

ってことだったのですが、何時の間にやら法律が変わっていました。

運転免許更新にもらう本は良く見ないとイケないそうです。

自分の安全確認より警察の安全基準ですから・・・

自分で何ぼ安全だとしてもダメなのです。

見通しの良い踏切で電車が来てないので完全に止まらず進行しても、自分で安全だと判断してもダメで警察がダメと言ったらダメなのです。

安全基準は自分では無く警察にあるのです。

運転免許更新にもらう本は良く帰って読みましょう。

だけど警察の言う通りばかりしていたら今の車社会渋滞で凄いことになると私は思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)