ランドクルーザー100で宅地造成現場にて

いろいろな現場に行きましたが、火山灰の現場もありましたが、比較的綺麗な現場でした。

風が無く雨降りでない日は、綺麗な現場でした。

あまりに晴れた日が続くと、車が走ると誇りを舞い上げて汚いです。

バックホーもバケットの先も16mmの鉄板で平らにしていましたが、火山灰で削れてナイフのようになってました。

削れられ磨かれ日が当たると眩しいくらいでした。

現場も広いのでこの日は天気が良かったのでバックホーの近くまで乗って行きました。

工事現場にランドクルーザー100

これも構造変更届けは出しています。

構造変更についてはこちらをどうぞ

タイヤとホイールで25万位しました。

お金のかかる車でした。

ボディ色ががパールホワイトだったので微妙にオーバーフェンダーとの色が違います。

見る角度によって違いがわかります。

それは仕方ないですネ

目立って違う物では無かったので・・・

タイヤは80の頃は35インチで内径が15インチでした。

100は内径が16インチで285×75でしたから、安定感が違いました。

サスペンションの違いもあるとも思いますが・・・

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)